2002年より 『古美術たなか』としてスタートし、骨董イベントや古美術サイト fufufufu.comの出店等を通し
      少しずつお客さまにも覚えていただくようになりましたが。
この度新たに、より私共の感性を反映したホームページを立ち上げる事とし『風招』と名付けました。

寺院の塔を見上げると、屋根の四隅や相輪に風鐸が掛かっているのをご覧になられたことがあると思います。
『風招』はその風鐸の中に吊るされた打棒の下に付く飾り板で、風を受けると音を奏でる所から
私共が音楽家であるという事に掛けて、音に因んだ名称にいたしました。

そして『風を招く』という言葉のイメージから古美術の世界でその様な存在でありたいとの願いも込められております。
高い空でさわやかな風をいっばい受ける風招のように、清々しい気持ちと曇りのない眼で向き合っていきたい…
そのような気持ちで作ったホームページです。どうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。

  お知らせ