マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » カタログ » 柿右衛門 » 631-1809-1703


03月12日(木)
柿右衛門 染付 松葉鶴文中皿
時代:延宝〜元禄頃(1670〜90年代)
口径:21.7cm   高さ:2.8cm   底径:14.7cm
状態:完品
店頭価格:350,000円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

焼き上がり、発色好いです、気にする歪みなし、座りわずかガタツキます。
針目跡による見込みの波打ち、目立たず気になりません問題にするほどの事ではありません。

薄い肉厚、丁寧に成形された上質なお皿、飾り応えのあるお皿。
折れ松葉、松かさ、実、いろいろな松と2羽の鶴を描く。夫婦長寿のおめでたい図案。
裏は白抜きの梅花を5つ持たせ丁寧な二重線でつなぎ、「金」銘が入る。目跡は3つ。

繊細精緻な筆致、全体に描き込み過ぎないよう、余白を意識した構図。良質な磁土に優しく美しい呉須の発色、上品な肌合いが高い格調をもたらせています。。。おそらく7寸皿の現存数は6寸皿より少ないと思われ7寸皿は初めて見ました。寸法が1寸も違うと見た時の印象がまた違いますし、飾っても威張って見えないので雰囲気好くイイ感じに栄えますね。。。

とっても好いお皿です、コレクションにおススメいたします!

※ 「盛期伊万里の美」目録9、同一文様87 -参照- ※


ー 値引き・カード支払・分割払、ご相談ください ー




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA