マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » カタログ » 古九谷 » 610-1911-2901


古九谷 金銀彩 藤文葉形皿
時代:承応〜寛文頃(1650〜60年代)
口径:13.3cmx17.7cm   高さ:2.8cm   底径:6.8cmx9.9cm
状態:完品
店頭価格:260,000円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

焼き上がり、発色好いです、気になる歪みなし、座りわずかにグラツキ。
見込みの葉脈に添って使用擦れあります、全体的に状態が好く綺麗なお皿です。

糸切成形、あと付け高台、口縁に瑠璃釉を施した上手の変形皿。
釉調の佳い銹釉に、片寄せ配置した藤がなんとも洒落ており渋好み玄人好みな作ぶり。
裏も銹釉、内に入った高台、高台畳敷きの釉薬は丁寧に削り取り、細部に至るまで手が入る。

たまに見る葉形でなく作りがさらに複雑細かなカタチ、縁瑠璃を施したことで堅さが和らぎただシブいだけの寂び道具でなく、上品な上質なと云う品格をともなった質の高い什器となっています。。。
お茶の懐石具であろうとすぐに思うのではありますが、この器を手にとり眺めながら、その当時、どのようなお家どのような人たちどのような時に使ったことでしょう!?と、想像するだけでも楽しくなりますね。。

・・・コレクションに力強くおススメいたします!!


ー 値引き・カード支払・分割払、ご相談ください ー




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA