マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » カタログ » その他 陶磁器 » 865-1610-1201


鍋島 染付 龍唐花文変形皿
時代:慶安〜明暦頃(1640〜50年代)
口径:14.3cmx16.7cm   高さ:3.1cm   底径:8.0cmx9.7cm
状態:完品
店頭価格:0円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

価格はお問い合わせ下さい。。。

焼き上がり発色好いです、気になる歪みなし、座りも良。
器の裏表にいくつか黒点があるくらいで最良の状態、綺麗です。

糸切成形、あと付け高台、丁寧で端正、陽刻を施した変形皿。
見込みは唐花文、四方の龍をとても丁寧な線描で描く。
裏は菊唐草、高台に鋸歯(きょし)文、銘と目跡はない。美しい透明釉、白い磁土。

圏線のない鋸歯文作品は鍋島藩窯、日峯社下窯より陶片も出土しています。「鍋島最初期の一群に属する」お皿とされる。美しい真っ白な磁肌、素晴らしい呉須の発色、珍しい数少ないものでコレクションにおススメであります!

※ 「改訂版 初期鍋島 関和男編」1 -参考- ※


ー 値引き・カード支払・分割払、ご相談ください ー




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA