マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 古九谷 » 627-1901-1722


02月09日(土)
古九谷 色絵 沢瀉形三足小皿
時代:明暦〜寛文頃(1655〜60年代)
口径:9.9cmx9.8cm   高さ:3.0cmcm   底径:5.8cmx5.8cm
状態:極小削げ3
店頭価格:40,000円 (税込)
現在の在庫数:5個
個数:    

5枚あり、まとめ売りもします!それぞれの詳細はお問い合わせ下さい。

焼き上がり好いです、色絵も擦れなく綺麗、歪みなし、座りも良。
見込みに汚れ、ピンホール、縁に釉アタリ及び極小削げ3ケあり、目立たず気にしません。

糸切成形、沢瀉の形にし三つ足を付けた変形小皿。
まわりに四方襷文を地文として描き埋め、3つの窓を抜く、窓に文様を施す図案。
急な注文に応えるため地文のみ施して依頼者に答えたものと思われる。

沢瀉の形が可愛らしいです、肌も真っ白でVOCより輸出が始まってからの作振り品です、1650年代後半からこの赤地文に4色または5色の色絵お持ちいた美しい色絵古九谷が多数存在します。本品もその時代のもので端正な作りで魅力的な形の小皿です。

同一器形で地文に梅花の色絵を施した小皿が図録で紹介例はありますが、この未完成な赤絵は紹介例もなく、当店では初めて扱いますが、ほかに5枚組も見ており、少なくとも10枚以上が伝世したものと思います。

形が素敵なので使っても楽しめます!豆皿・変形皿コレクションにおススメですよッ!

※ 「古伊万里再発見」野田敏雄氏354 同一器形 -参考- ※


ー 値引き・カード支払・分割払、ご相談ください ー




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA