マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 初期伊万里 » 190-1812-2001


02月02日(土)
初期伊万里 吹墨 双鷺文中皿
時代:寛永頃(1630〜40年代)
口径:20.4cm   高さ:3.1cm   底径:7.0cm
状態:縁共直しニュウ1
店頭価格:0円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

価格はお問い合わせください。。。

焼き上がり、発色好いです、気にする歪みなし、座りまずまず。
口縁削げ1(2mmx7mm)共直し、ニュウ1本(120mm)はニュウ止めのみ。
削げは判りませんがニュウは肉眼ですぐに確認できます。指で弾くと好い音がします。

縁を鍔状にした上手の初期伊万里らしい中皿、鷺の有名な吹き墨作品。
うっすら青味がかった透明釉、力強く好ましい高台、何もないようでも見所あります。

やや黒ずんでいるように見えるかもしれませんが、やや濃いというだけで綺麗な発色上がりです、悪くはないのです。吹き墨鷺は色々パターンがありますが、同じ方向を向いて飛んでいるのはやはり仲良さそうであり睦まじく見えます。微笑ましい好ましい図柄ですね。参考品という欠片ではありません、ちゃんとした丸い中皿です。飾ると非常に映えますし存在感がありますよ。

著名な吹き墨作品、是非、コレクションして下さい。おススメいたします!!

※ 「新撰古伊万里染付皿」29 -参考-


ー カード支払・分割払、ご相談ください ー




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA