マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 初期伊万里 » 456-1611-1707


05月31日(木)
初期伊万里 多彩釉 松文変形小皿
時代:寛永〜正保頃(1640年代)
口径:7.3cm×10.6cm   高さ:2.1cmcm   底径:3.2cm×6.5cm
状態:焼き継ぎ1
店頭価格:250,000円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

焼き上がり発色好いです、気にする歪みなし、座りも良。
割れを江戸時代の修理、焼き継ぎ(ガラス継ぎとも呼ばれる)直ししている。
画像の色合いが実物と違います、実物をぜひ見て欲しいです。。

銹、瑠璃、青磁、白磁を使った非常に珍しい小皿。
4つの松葉を全面に陽刻する。松の実と松葉、松枝も表現され手が込んでいます。
裏は無文。高台内に判読不明な記号風の焼き継ぎ銘が施される。修理を請け負った焼き継ぎ師は共同で窯詰め、低火度焼成するので他と混同しないように識別印を施した。

「染付と色絵の誕生 初期伊万里」展覧会図録に類品。掲載の品と同格とは言えませんがそれに追従する作品。これらは松ケ谷作品群と同義にする方もいれば、しない方もありで様々。どちらにしても特別誂え、特注の小皿ということは誰も異論がない所でしょう。この文様や形を見ていると「鍋島染付 三階松文小皿」を連想させ、これが洗練されていって鍋島小皿になったのかな〜?なんて楽しい想像したり、笑。

非常に珍しい希少な小皿、コレクションにおススメします!!




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA