マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 企画展 » ぼちぼち企画展 » 551-1712-1301


「ぼちぼち企画展」
初期伊万里 草文徳利
時代:寛永頃(1630〜40年代)
口径:2.9cm   高さ:10.5cm   底径:4.5cm
状態:金直し
店頭価格:30,000円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

焼き上がり、発色好いです、気にする歪みなし、座りも良好。
首から肩にかけてジカン数本、アマ手と呼ぶほどでなくまったく問題ではなし。
掘りの手にしては首が飛んでおらず、呼び継ぎされておりません。口周りの金直しのみ。

広瀬古窯の作品でしょう。窯の辻窯の可能性もありますが、、、
可愛らしい寸法に稚拙な草文様が2面に、陶工の子供が画いたのかな?笑。
磁肌はややグレーがかるも綺麗です、つるりんとした肌は温かみがあってヨロシイな、泣。

登り窯脇で製品として認められず物原に打ち棄てられた、いわゆる発掘品。
なので製品自体が欠ける、変形する、他と溶着、くっ付いた、不出来品が当然であります。
打ち棄てられた物に対し、憐れみ慈しみそれを愛しむという日本特有な気質が、こういった発掘された品をこれはこれで味があるとか、面白いと云って実際に使い愉しんできました。

こうして見ているとやはり面白くて、ニヤついたり、ケケッと思ってしまいますね、嬉涙。
手のひらにすっぽり入る小さな徳利、手に入れてあなたも是非!ハマってみて下さい、笑。

「企画展」は表示価格でのお取引となります、ご了承ください、汗。消費税、送料込み。




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA