マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 初期伊万里 » 453-1712-1301


12月24日(日)
初期伊万里 草文徳利・蘭文盃
時代:寛永頃(1630〜40年代)
口径:4.9cm×6.5cm   高さ:4.0cm   底径:2.5cm
状態:共に金直し有
店頭価格:95,000円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

徳利と盃のセットでの販売です。
焼き上がり発色好いです、歪みが愉しめます、徳利も盃も座り良いです。

徳利の口、4分の3を金直しする、首も継いでいないしアマ焼きもなく状態は好い。
盃の口縁を金直し、ニュウ1本(約10ミリ)、高台山の欠け(約23ミリ)をパテ埋め直しする。

徳利、盃、共に発掘品。釉調が好く綺麗、多少のフリモノありますが問題ではない。

発掘といえば、呼び継ぎとかクッツキを削りとっているとかが多い中、本品は呼び継ぎや削り痕もない。釉薬がとろんとしていて見た目も美しく暖かく優しい、涙。初期伊万里の好い所がまんま愉しめるなんて発掘と云えど恐るべし。侮るなかれであります、笑。

コレクションにおススメいたします!独りで愉しんでいだだけますよーー。




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA