マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 柿右衛門 » 398-1711-1204


11月17日(金)
柿右衛門 染付 杜若柴垣文中皿
時代:延宝〜元禄頃(1670〜90年代)
口径:20.9cm   高さ:3.0cm   底径:13.2cm
状態:完品
店頭価格:0円 (税込)
 
個数:    

ご売約、ありがとうございました!

焼きあがり、発色好いです、気にする歪みなし、座りも良好。
見込みにクッツキ1、ピンホール、どれも気にするものでなく全く問題でなし。

やや薄い肉厚、丁寧で端正な作ぶり、器形。
繊細で非常に美しい杜若と柴垣を描く。余白の効いた構図が素晴らしいです。
裏は塗り埋めの梅花を5つ持たせた二重唐草文でつなぐ、高台内に金銘、目跡が3つ。

金銘らしい繊細な筆致、発色も申し分なく大変美しいです。盛期作品のひとつ。
柴垣を斜めに配置することで静的な文様に大人しく収まる構図に変化を持たせています。よく練られた素晴らしい文様となっています。

コレクションに是非!おススメいたします。。。




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA