マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » その他の商品 » 115-1509-2805


ドーム・ナンシー 菫文ゴブレット
時代:明治〜昭和初期
口径:4.2cm   高さ:8.3cm   底径:4.0cm
状態:良好 「Daum Nancy」側部サイン
店頭価格:0円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

価格はお問い合わせ下さい!

※  見たい画像の上をクリックすると、よりハッキリした大きな画像が出ます。※

19世紀末期から1910年代ごろの作品。
被(き)せガラスしたゴブレットにエッチング(酸化腐食彫り)とエナメル彩でスミレ文を描く。
花びら1枚1枚、葉の葉脈も、繊細かつ写実的に表現された可憐なスミレが魅力。
ドームの作品の中でも非常に人気の高いものです。。
何に使ってみましょう!?・・・ぐ、愚私男の唇だと腫れるのかな、爆涙。

【Daum】
ガラス工芸メーカーのオーナー一族として「ドーム兄弟」との呼称が定着していた為、
工房も通称「ドーム兄弟」と呼んだ。兄オーギュスト、弟アントナン。
19世紀末から20世紀にかけて活躍したフランスを代表するガラス作家です。
ナンシーはフランス東部のナンシー地方に由来したネーミング。

父からのガラス工場は食器や花瓶など日用品を生産したが、1889年のパリ万博で芸術性豊かなエミール・ガレの作品が高く評価されたことから、1891年美術工芸品としてのガラス生産を開始。ガラス工芸家や美術家など優秀なスタッフを擁し水準の高いガラス製品を市場に送り出した。1900年にパリ万国博覧会出品、ガラス部門でグランプリ獲得。アール・ヌーヴォーを代表する工房のひとつとなった。




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA