マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » カタログ » 柿右衛門 » 610-2104-2006


染付 生垣梅木文長皿
時代:延宝〜元禄頃(1670〜90年代)
口径:10.2cmx18.3cm   高さ:3.0cm   底径:7.2cmx14.8cm
状態:完品2客・ホツ3客
店頭価格:0円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

良質な白い磁肌、優しい呉須の発色、繊細精緻な筆致、老木と思われる梅の木に見事な花がついている。柴垣でなく五葉の生垣が変わっています、左に寄せた絵文様と余白の空間バランスが素晴らしい、嬉泣。

丁寧な作ぶり、重厚な器体。直線基調のシュッとした長皿は長角皿とでも名付け呼びたくなる形。
裾の墨弾きした帯がまたシャレてますねぇ〜、まさに江戸の粋を感じさせるものですね。。

ぴったりと収まる5枚入りの箱は明治頃に新調されたような風合いでなかなか味があります。
2枚完品。2枚の縁角に爪に掛かる削げ1箇所づつあり。1枚は高台削げ1箇所。全く気になりませんよ。

指で強く押さえつけるとカタツキますが、5枚総じて安定しており不安定なものではありません。
目立たぬクッツキ、擦れありますが綺麗です。5枚目跡2つ、銘なし。価格はお問い合わせ下さい。

1枚でも充分かもしれません、、、5枚揃っている意味、価値を大事にしたいお品です。。。
持って喜び、飾って満足、使って嬉しい!コレクションにおススメいたしますッ!

※ 「盛期伊万里の美 染付磁器名品集」(関和男編)125 -参考- ※


ー 価格・カード支払・分割払、ご相談ください ー




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA