マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 柿右衛門 » 658-1509-1401


柿右衛門 染付 若松雉文中皿
時代:延宝〜元禄頃(1670〜90年代)
口径:20.8cm   高さ:2.7cm   底径:14.5cm
状態:完品
店頭価格:330,000円 (税込)
現在の在庫数:1個
個数:    

※  見たい画像の上をクリックすると、よりハッキリした大きな画像が出ます。※

焼き上がり、発色好いです、気にする歪みなし、座りも良。
見込みに微細な擦れ、ピンホール、薄い黒点あり、どれも気になりません問題でなし。
見込み中央がやや波打っていますが、使っても飾っても不具合なく目立たず美しいです。

薄く丁寧な作ぶりのお皿。
見込みに若松、蕨、つがいの雉を細密に描く。余白が効いた構図です。
裏は無銘ながら、三方に唐草文を配し、4つの目跡があり、高台も丁寧な仕上がり。

若松、蕨、雉はそれぞれ見かける文様ですが、この組み合わせは珍しくあまり見かけません。
美しい磁肌と呉須の発色、余白を活かした構図、繊細で細密な線描、延宝期に完成された技術と美意識で表現された文様は、計算された様式美の中にピンと張りつめた緊張感があり、飾り絵皿としても優れていますね。コレクションにお奨めです。。。




Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA