マイページ  |  カートを見る  |  レジに進む
   » ショップ » 古九谷 » 860-0811-2402


古九谷 南天文皿
時代:承応〜寛文頃(1650〜60年代)
口径:14.4cm   高さ:2.4cm   底径:9.4cm
状態:
店頭価格:0円 (税込)
 
個数:    

ご売約、ありがとうございました
※参考※  見たい画像の上をクリックすると、よりハッキリした大きな画像が出ます。

焼き上がり、発色、色絵の状態、好いです、気にする歪みなし、座り良。

美しい磁肌、上手の器形。
口縁を折り曲げて鍔状にし、見込みを一段削り落とす。
周りは唐草、見込みは如意文、赤絵具で周りに梅花、中央に南天を上絵している。
裏は高台内外に圏線、「誉」と呼ばれる銘が入る。

類似掲載:「柿右衛門展」14      1993年朝日新聞社
       「盛期の伊万里」277頁    著者・山下朔朗氏

寛文4年5月(1664年)の年号入り共箱で伝世し、製作年も特定できる為、本や展覧会などでも広く紹介される。 学術的要素と瀟洒でセンスの良い文様と相まって、なかなか捨て難い魅力を持つ。。。





Copyright (c) 2008-2009 Gallery YASUHARA